< 2017年06>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
布がたり店主
布がたり店主
和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】の店主です。布&手作り好きが高じてお店を始めました。私のような布好き、ハンドメイド派のみなさまのお役に立てるようがんばっています♪
布がたり店主の和布日記 › 布・生地について › オリジナルちりめん生地ができました!

2016年12月08日

オリジナルちりめん生地ができました!

こんにちは。
和布愛好家 & 布がたり・店主 上田です。

今回は私たちにとって、とても嬉しいお知らせですface11
なんと、布がたりオリジナルのちりめん生地ができました!

夏から構想を始め、デザインを練り、色を考え、試作をし、
修正をし・・・という過程を経て、先日やっとできあがりました。
完成の日を今か今かと、本当に楽しみにしていましたがgirl
予想通りの出来栄えで満足していますonpu8

布がたりちりめん生地オリジナル古典柄

オリジナルのちりめんを制作することになってからは、
どんな柄ゆきにするか、どんな配色にするかといろいろ考えました。

まずは古典柄を作りたいと思い、上品な姿が美しい「貝桶」のモチーフを入れることにしました。
貝桶は伝統的な吉祥柄で、振袖など着物ではよく見かけますが
手芸用ちりめんではあまりないので、ぜひ使ってみたいと思っていました。

貝桶とあわせたのは鼓の柄です。
鼓はそのまま描くと手芸には使いづらい時もあるかと思い、
花柄を入れた鼓を描いています。

柄サイズにもこだわりました。
昔の着物柄を再現したものは、着物用なのでどうしても大きめの柄になります。
豪華さが際立つという点では望ましいのですが、小物には使いにくい時もあります。
今回は、それほど大柄にはせず、かつ豪華さを損なわない程度の柄サイズにしたつもりです。


色は3色展開。黒と赤は定番で使いたいので、即決定。
あと1色としてどうしても入れたかったのが、
クリームアイボリーにパステル調の明るい色を使ったもの。

貝桶古典柄ちりめんアイボリー

白っぽい色のちりめんは手芸用では少なく、
このようなパステル調の色づかいも珍しいと思うのですが、
いかがでしょうか?

布がたりにとって初めての大きなチャレンジでしたが、
いろいろとこだわりを持って作ったオリジナル生地です。
サイトで、またお手にとってごらんいただけると幸甚です。
どうぞよろしくお願いいたします!

商品ページはこちらですhere
ちりめん生地・貝桶と花鼓(赤)
ちりめん生地・貝桶と花鼓(黒)
ちりめん生地・貝桶と花鼓(クリームアイボリー)



ブログランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


和生地/和布通販布がたり

この記事へのトラックバックURL

上の画像に書かれている文字を入力して下さい