< 2014年02>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
布がたり店主
布がたり店主
和布・和風生地・手芸のお店【布がたり】の店主です。布&手作り好きが高じてお店を始めました。私のような布好き、ハンドメイド派のみなさまのお役に立てるようがんばっています♪

2014年02月12日

西陣織会館

こんにちは。
和布愛好家 & 布がたり・店主 井上です。

月曜日、お昼のNHKの番組「ひるブラ」で、京都の西陣が取り上げられていました。

NHKオンラインのページ


私もたまに行く西陣織会館での撮影だったのですが、知らなかった情報もいくつかありました。

(1) 1日に7回行われている「きものショー」に誰でも出演することができる!(申し込みは必要です。)

(2) 現在、国宝の「風神雷神図」を爪掻本綴織(つめかきほんつづれおり)という技法で再現することに取り組んでいる。織っているところも見学可能。

(3)西陣織体験講座で、マフラーを作れる。体験料金は5000円(税抜)で、同じものを購入すると8000円(税抜)。


感嘆したのが(2)の風神雷神図を織る様子・・・とても手間のかかる作業で、1日に4センチ四方しか織れないそうですface04

忠実に再現することを目指しておられるので、元の絵の金箔の継ぎ目なども表現されています。その微妙な金の濃淡を表現するために、数種類の金糸が使われていました。

爪掻と言うだけあって、爪で糸を掻いて(引き寄せて)織って行かれるのですが、職人さんの爪にはそのための溝がありました!しかも、爪が折れた時の予備用に別の指の爪も伸ばしておられます。

風神の方は既に完成済ですが、それには3年半ほどかかったとか!現在制作中の雷神が完成すれば、あわせて一般公開することを検討されているようです(予定では再来年の2016年)。

とても根気の要る大変なお仕事だと思いますが、これまで受け継がれてきた素晴らしい技術。次の世代にも、その次の世代にも、また継承されていきますように。



和生地/和布通販布がたり

ブログランキング参加中!クリックしてね
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村  

Posted by 布がたり店主 at 15:08Comments(0)TrackBack(0)和風